Kindleストア 【30%OFF以上】小学館電子全集セール(1/8まで)

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のタブレットPCファンのみなさんこんにちは。 このサイトはfireHDや楽天Koboを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

さて、Amazonで以下のキャンペーンが開始されていますので速報でお知らせします。 Amazon.co.jp: 【30%OFF以上】小学館電子全集セール(1/8まで): Kindleストア
(キャンペーン期間:1/8まで)
*この情報は2016-01-02 16:08:03時点のものとなります。キャンペーン終了後は元の価格に戻りますのでご了承ください。

※以下の商品リンクはChromeの拡張機能firenavi-addonを使ってラクラクに作って貼り付けております。

三浦綾子 電子全集 氷点(上)
(電子書籍)

三浦綾子
posted with firenavi

¥378

(紙版

/ ¥ 626)

[75pt込]¥ 303

(紙版より52%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏枝は眼科医の村井の訪問を受けている最中の出来事だった。夏枝と村井の仲に疑いを抱いた啓造は、妻を苦しめたいがために、自殺した…
三浦綾子 電子全集 氷点(下)
(電子書籍)

三浦綾子
posted with firenavi

¥378

(紙版

/ ¥ 626)

[75pt込]¥ 303

(紙版より52%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

本当の人間の美しさとは、優しさとは何か?著者が真正面から問いかける不朽の名作!ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏枝は眼科医の村井の訪問を受けている最中の出来事だった。夏枝と村井の仲に疑いを抱いた啓造は、妻を苦しめたいがために、自殺した犯…
三浦綾子 電子全集 続 氷点(上)
(電子書籍)

三浦綾子
posted with firenavi

¥378

(紙版

/ ¥ 691)

[75pt込]¥ 303

(紙版より56%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

人間にとっての「ゆるし」とは何かを問いかけるベストセラー『氷点』のその後。自分が殺人犯の娘であると知った陽子は、睡眠薬自殺を図るが、一命を取り留める。意識が戻った陽子に、育ての親である啓造と夏枝は、陽子が殺人犯の娘ではなかったことを告げる。だが同時に、陽子は自分が不義によって生まれた子である事実を知…
三浦綾子 電子全集 塩狩峠
(電子書籍)

三浦綾子
posted with firenavi

¥378

(紙版

/ ¥ 1,728)

[75pt込]¥ 303

(紙版より82%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

明治42年に実際に起こった鉄道事故を元にした人間のあり方と愛と信仰の物語。三浦綾子の代表作であり、多くのファンに愛される大ベストセラー作品!東京で、父と厳格な祖母に育てられた信夫は、祖母の死後、キリスト教徒であったために家を出されていた母親とも暮らすようになる。母と妹、そして父までもが信じるキリスト…
三浦綾子 電子全集 続 氷点(下)
(電子書籍)

三浦綾子
posted with firenavi

¥378

(紙版

/ ¥ 626)

[75pt込]¥ 303

(紙版より52%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

血の中を流れる罪を「ゆるす」といってくれる権威あるものをつかんだ陽子。感動の結末!北海道大学に進学した陽子は、徹の友人・北原や札幌で知り合った順子らと、一見穏やかな日々を過ごすが、不義の子であるという自らの「罪」に悩み苦しむ。そんな陽子の前に、実の弟である達哉が現れる。達哉は異父姉とも知らずに、以後…
開高 健 電子全集2 純文学初期傑作集/芥川賞 1958~1960
(電子書籍)

開高健
posted with firenavi

¥540

[108pt込]¥ 432

(紙版より%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

芥川賞を受賞した『裸の王様』をはじめ『パニック』『巨人と玩具』『流亡記』など純文学初期傑作集他。寿屋(現サントリー)宣伝課に勤務していた1957年に開高健は3作品を発表している。8月に発表した『パニック』で一躍新人作家として注目され、10月に発表した『巨人と玩具』は翌年に大映映画で映画化され、12月…
開高 健 電子全集1 漂えど沈まず―闇三部作
(電子書籍)

開高健
posted with firenavi

¥540

[108pt込]¥ 432

(紙版より%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

開高文学の最高傑作『輝ける闇』『夏の闇』『花終る闇』は総称して《漂えど沈まず》と冠されるはずであった・・・朝日新聞の臨時海外特派員として訪れた戦時下のベトナムで、開高健は多くの死を目にし、心に無数の傷を負う。暁の広場で公開処刑されたベトコン少年の姿は一生涯その脳裏から離れることはなかった。1965年…
開高 健 電子全集4 同人誌時代 同人誌『えんぴつ』とサントリー宣伝部『洋酒天国…
(電子書籍)

開高健
posted with firenavi

¥540
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

同人誌『えんぴつ』の時代からサントリー宣伝部『洋酒天国』時代まで(1949~1958年)の小説・エッセイ・広告コピー。 1949年、大阪市立大学に進学した開高健は文芸部に入り、翌年1月『市大文芸』に〈印象生活〉を発表する。これが小説家・開高健の処女作である。直後に関西大学の学生だった谷沢永一と知り合…
宮脇俊三 電子全集1 「時刻表2万キロ/汽車旅12ヵ月」
(電子書籍)

宮脇俊三
posted with firenavi

¥540

[108pt込]¥ 432

(紙版より%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

鉄道紀行作家誕生! 宮脇俊三のデビュー作『時刻表2万キロ』と、初期作『汽車旅12ヵ月』の2作品を収録。『時刻表2万キロ』は宮脇俊三のデビュー作で、中央公論社退社後10日目の1978年に河出書房新社より刊行された。これは中央公論編集長から常務取締役まで務めあげ、名編集者と評価された宮脇が、社業と趣味を…
宮脇俊三 電子全集12 『終着駅は始発駅/汽車との散歩』
(電子書籍)

宮脇俊三
posted with firenavi

¥756

[151pt込]¥ 605

(紙版より%OFF)
2016-01-02 16:08:03時点の価格です。

車窓を連想させる鉄道紀行とはひと味違った、鉄道と絡めた時代・世相・風俗を軽妙なタッチながら絶妙に綴る!

『終着駅は始発駅』は宮脇の随筆集第一作である。取材記や旅行記に加えて、自身の幼少期からサラリーマン時代の鉄道事情などを絡めた29編から成っている。鉄道記だけでなく風俗や世相をも交えた…

>>>> つづきはAmazon.co.jpのサイトで



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。