Kobo Arc 7HD レビュー(2) 各種ボタンとACアダプタ接続

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のKobo Arcファンのみなさんこんにちは。
このサイトはKobo Arcを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

下記記事の続きになります。
Kobo Arc 7HD レビュー(1) ついに商品到着!レポートします

説明書の画像です。実際のボタンを見てみると、、
KoboArcHD7_review2_01.jpg

まず電源ボタンが端末の一番上、赤いボタンがあります。ボタンと言っても実際はスライドさせる仕組みのボタンになっています。右側にスライドさせると電源オン、もしくはスリープ(スリープしている状態でスライドするとスリープ解除)となります。
KoboArcHD7_review2_02.jpg

端末向かって左側です。上からイヤホン端子、HDMI端子、USB端子です(間違えてHDMI端子にUSBケーブルを挿しそうになりました。間違えやすいので「USB端子は一番下」と覚えましょう)
KoboArcHD7_review2_03.jpg

端末向かって右側が音量ボタンです。ボタンはひとつで、上のほうを押すと音量アップ、下の方を押すと音量ダウンです。
KoboArcHD7_review2_04.jpg

次に充電をするためのACアダプタを見てみましょう。箱のなかにはこのようにACアダプタが分離された状態で出荷されています。
KoboArcHD7_review2_11.jpg

ACアダプタ本体の「PUSH」と書かれているところ押すと、透明なカバーが外れます。
KoboArcHD7_review2_12.jpg

外れました。この部分み写真右上のパーツを上から差し込みます。
KoboArcHD7_review2_13.jpg

ACアダプタの完成です(海外ではこの差込口が違うので分離されているのでしょうか、、特に説明はありませんでした)
KoboArcHD7_review2_14.jpg

ACアダプタはこのように「一番下の差込口」であるUSBの差込口に挿しましょう。
KoboArcHD7_review2_15.jpg

これで機器の説明は終わりです。

<おまけ>
キャンペーンでついてきたスリーブケースについて。
端末をカチッとハメ込んで固定するタイプです。結構固く、そしてズシッとした重みがある印象です。スリープカバーなので、カバーを閉じると画面が黒くなりスリープモードへ、開くとスリープが解除され画面が復帰してします。

KoboArcHD7_review2_22.jpg

付けると厚みを感じます。
KoboArcHD7_review2_23.jpg

KoboArcHD7_review2_24.jpg

蓋の部分を折り曲げるとこのように立てることができます。卓上で動画を見たりするときに便利ですね。
KoboArcHD7_review2_25.jpg

置き方を逆に変えるとこのように緩い角度で置くこともできます。
KoboArcHD7_review2_26.jpg

以上です。



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。