シェアする

【速報】アマゾンアメリカが Kindle Fire HDXを発表

シェアする

速報です。アメリカアマゾンがKindle Fireシリーズの新端末”Kindle Fire HDX”を発表しました。
アメリカ国内で10月18日発売、9月25日から予約開始です(日本国内での販売は今のところ不明です)。
HDXの他に従来のHDシリーズも新製品が発表されています。
Name Your Link</a><img src=”https://ir-na.amazon-adsystem.com/e/ir?t=firenavicom01-20&l=ur2&o=1″ width=”1″ height=”1″ border=”0″ alt=”” style=”border:none !important; margin:0px !important;” />”>アメリカアマゾンサイトのトップページ
今回処理能力や画素数が増加され、8.9インチタイプでは旧来モデルに比べ軽量化されたようです。
また、通信環境についてはWifiとアメリカのAT&T社の4GLTE回線が使えるモデルも選択できます。
以下アメリカ・アマゾンで各商品が予約できます。

今回の新製品HDXで提供される機能でもっとも興味深いのは”Mayday” button という新機能です。アマゾンのサイトの説明によりますと、「タップ一つでアマゾンの担当者が端末を通じて現れて、操作方法などをユーザに説明する機能」のようです。動画による説明を見る限り、Maydayボタンをタップすると下図のように担当者が映像チャットで出てきて、ユーザのやりたいことに対して説明してくれるようです。例えば画面の明るさを変えたいときはBrightnessのボタンに丸い円が出て、「ここをタップしてください」と説明されるようです。おそらく担当者の端末からユーザの端末にマーク等を描けるようになっていると思われます(日本でこのサービスは提供されるかはわかりません)
スクリーンショット 2013-09-25 18.11.22 
ここからは個人的な感想ですが、アマゾンはこの機能の提供をきっかけとして、「操作説明」「インターネットを通じた対面販売」「ユーザサポート」の可能性を探っているのではないかと思います。
この機種の発表を契機に、アマゾンは物販サービスに留まらず、ユーザサポート、対面販売の新スタンダードを構築し、ビジネスとしていくのかもしれません(これはあくまでも個人的な予測ですが)

オマケの情報ですが、Kindle Fire HDX発表の挨拶文の最後にアマゾンブランドによるKindle Fire オリガミスタンドが紹介されています。文字通りオリガミの要領で端末を立てるようになっています。スタイリッシュですね。

以上。

シェアする

↓↓このサイトが更新されたら通知します↓↓