PCの各ブラウザとDolphinのブックマーク同期

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のKindle Fireファンのみなさんこんにちは。
このサイトはKindle Fireを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

パソコンで使っているブラウザのブックマークをそのままKindle Fire HDでも使いたい、さらには自動的に同期(どちらも常に同じ状態にすること)をさせたいですよね。それを何とかしてやってみようと思います。

いくつか組み合わせがありますが、パソコン側の各ブラウザと、のKindle Fire HD側のDolphinの組み合わせについて説明します。
※いまのところ標準のSilkブラウザとパソコン版のブラウザという組み合わせでの同期方法は不明です。
※Kindle Fire HD版のChromeとパソコン版のChromeの組み合わせはgoogleアカウントでブラウザにログインすることで同期できます。

同期させる仕組み最初にどのような手段で同期させるか簡単に説明します。パソコンの各ブラウザと、Dolphinブラウザは直接は同期できません。なので間に同期のためのアプリを介して実現させます。そのアプリというが”Xmarks”というものになります。

Xmarksとは?
簡単に言うと、ネット上にひとつブックマークのリストを作り、それをマスターとして、パソコン側もKindle Fire HD側もそれを読む、という仕組みです。マスターがあることで、それを読ませているブラウザはすべてそれと同じになるので同期ができる、という仕組みです。

具体的な作業の説明に入ります。

(1)Xmarksのアカウントを作成する
パソコンからでもKFHDからでもどちらでもいいですが、Xmarksのアカウントを作成します。下記にアクセスして作成してください。
xmarksアカウント作成ページ
下記の赤枠の部分の
・ユーザ名
・メールアドレス
・パスワード(確認のため2回同じものを入れる)
を入力しますして、右下の青いボタン”CREATE ACOUNT”をクリックします。

スクリーンショット 2013-01-01 21.57.51.png

確認のメールが先ほど登録したメールアドレスに送信されます。
スクリーンショット 2013-01-01 21.58.10.png

こんなメールが来るので、メール内に記載されているURLをクリックしてアクセスします。

こんな画面が出ます。メールアドレスが確認できたのでアカウント作成完了しました。
スクリーンショット 2013-01-01 22.05.09.png

(2)パソコン側のブラウザでxmarkを使う準備をする
ここからはブラウザごとにやり方が違うので、
(2−1)FireFox
(2−2)Chrome
(2−3)Safari
(2−4)IE(後日説明を作成します)
とブラウザごとに分けて説明します。
※MACでの動作確認、スクリーンショットとなりますのでご了承ください。

(2−1)パソコン側のFireFoxでxmarkを使う準備をする
FireFox用のxmarksアドオンをインストールします。下記のサイトにアクセスしてください。こんな感じの画面になります。下の方の”FireFoxに追加”をクリックしてください。

NOTE: Xmarks lives! Learn more at . Xmarks is the #1 bookmarking add-on. Keep your bookmarks, passwords and open tabs backed up and synchronized across comput...
スクリーンショット 2013-01-01 22.20.18.png

下図のようなポップアップ画面がでます。右下の”今すぐインストール”をクリックしてください。
スクリーンショット 2013-01-01 22.20.41.png

インストールはすぐに完了します。その後下図のようなポップアップが出ます。「今すぐ再起動」をクリックします。FireFoxを再起動しないとxmarksは有効になりません。
スクリーンショット 2013-01-01 22.20.52.png

再起動後、一応同期します。「ツール」→「Xmarks」→「今すぐ同期する」をクリックして同期させておきます。

これで、FireFoxとXmarksの同期がとれました。XmarksとDolphinの同期をとる方法は、(3)で説明します。

(2−2)パソコン側のChromeでxmarkを使う準備をする
ChromeのXmarks拡張機能をインストールします。Chromeブラウザで下記にアクセスしてください。右下の青いボタン「Chromeに追加」をクリックしてください。

Discover great apps, games, extensions and themes for Google Chrome.
スクリーンショット 2013-01-01 22.52.11.png

こんな画面になるので右下の「追加」をクリック
スクリーンショット 2013-01-01 22.55.15.png

こんなポップアップが出るので右上の青い蝶のアイコンをクリックしてください。
スクリーンショット 2013-01-01 22.55.27.png

こんな画面になるので次へをクリックしてください。
スクリーンショット 2013-01-01 22.55.48.png

アカウントを持っているか聞いてきます。先ほどアカウントを作成したので「はい」をクリックして「次へ」をクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 22.55.58.png

先ほど作成したアカウントのメールアドストパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

ログイン完了しました。
スクリーンショット 2013-01-01 22.56.51.png

ブラウザ右上に青い蝶々のアイコンがあるのでクリックします。すると英語でこんなメッセージがでます。右下の”Sync”をクリックします。これで同期設定は完了です。スクリーンショット 2013-01-01 22.57.00.png

(2−3)パソコン側のSafariでxmarkを使う準備をする
SafariのXmarks拡張機能をインストールします。Safariブラウザで下記にアクセスしてください。左下のの大きな青いボタン「Down Load Xmarks」をクリックしてください。

Download Xmarks Bookmark Sync for Mac OS X 10.5 (Leopard). Also available for Mac OS X 10.6, Firefox and Internet Explorer.
スクリーンショット 2013-01-01 23.21.16.png

MacのSafariあまり使ったことがないのですが、ウィンドウの右上にダウンロード状況がでるのですね。
スクリーンショット 2013-01-01 23.22.44.png

終わったようなので、アイコンをクリックするとさっきダウンロードしたものが出てきます。一番上のXmarks_for_safari_1.4.3.dmgをクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.23.09.png

インストール画面になります。左下の茶色い箱のアイコンをダブルクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.23.28.png

インストールの説明が出ます。これを読んで「続ける」をクリック。
スクリーンショット 2013-01-01 23.23.45.png

利用許諾が出ます。同意できたら「続ける」をクリック。
スクリーンショット 2013-01-01 23.23.56.png

同意する場合は「同意する」ボタンをクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.24.03.png

インストールをクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.24.11.png

OSの管理者のパスワードの入力を要求されるので入力して、右下の「ソフトウェアをインストール」をクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.24.21.png

インストールが完了しました。右下の閉じるボタンをクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.24.46.png

設定が介しされます。「次へ」をクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.25.00.png

Xmarksのアカウントがあるか確認されます。さきほどアカウント登録が終わっているはずなので、「はい」を選んで「次へ」をクリックします。
スクリーンショット 2013-01-01 23.25.09.png

こんな画面がでます。
すでにXmarksに既存のブックマークがある場合、
・既存のものとSafariのものを統合する
・既存のものを残してSafariのやつは消す
・既存のものを消してSafariのものだけ残す
という選択肢がでますのでお好きな選択肢を選んで、OKをクリックしてください。
スクリーンショット 2013-01-01 23.26.02.png

見難くてすみません。統合しますよ、ということで詳細な意味はわかりません。右の選択肢が推奨されているようなので右のボタンをクリック。
スクリーンショット 2013-01-01 23.26.13.png

完了しました。LastPassのインストールを薦めてきていますが、別にやらなくても同期は取れるようです。
スクリーンショット 2013-01-01 23.26.34.png

Mac上ではXmarksはひとつの独立したアプリのようです。OSのツールバー右上にアイコンが出ます(出ていない場合はOSの再起動が必要なようです)
スクリーンショット 2013-01-02 0.11.00.png

クリックするとXmarksに関する設定や、同期実行のコマンドがあります。とりあえず下図のように選択して、設定画面を見てみます。
スクリーンショット 2013-01-02 0.12.00.png

こんな画面がでます。自動的に同期されるように、下の方のOptionsの”Enable Automatic Synchronization”にチェックを入れておきましょう(おそらくデフォルトで入っています)
スクリーンショット 2013-01-02 0.12.13.png

(3)Dolphin側でXmarksを使えるようにする

※ここからはKindle Fire HDのDolphinブラウザをお使いください。

Dolphinブラウザ用のXmarks用アドオンをインストールします。下記のxmarksの公式ページから直接インストール用ファイルがダウンロードできます。

Xmarks Features: Overview
アクセスすると下図のようになります。下にスクロールさせていって、、。
2013-01-02 01.18.04.png

こんなアイコンで、”Dolphin HD Extension”というのがありますので下図の赤枠の位置を参考にしてapkファイルをダウンロードしてください。
2013-01-02 01.19.30.png

こんなポップアップ画面がでるので、OKをタップしてください。
2013-01-02 01.19.36.png

ダウンロードするとダウンロードフォルダにはこんなアイコンで保存されています。アイコンをタップしてインストールを始めてください。
参考:[使い方FAQ] ダウンロードしたけどファイルがどこにあるかわからない

2013-01-02 01.20.08.png

インストール内容の説明です。右下のインストールをタップしてください。
2013-01-02 01.20.12.png

その後、Dolphinブラウザに戻ります。画面の一番下の真ん中のアイコンをタップするとその上にズンと灰色のツールバーがでます。その一番右のAdd-Onsをタップしてください。
2013-01-02 01.20.31.png

ここにさっきインストールした”Dolphin HD Extension”があるはず、、あれ?ないな。有効になっていないようなので、下図の赤枠の歯車アイコンをタップします。
2013-01-02 01.23.31.png

すると、下の”Disable add-ons”にいました。このアイコンをタップします。
2013-01-02 01.23.36.png

すると下に黒いバーがでます。真ん中の”Enable”をタップして有効にします。
2013-01-02 01.23.40.png

すると機能が有効になって、位置が上がりました。またこのアイコンをタップします。
2013-01-02 01.23.47.png

こんなポップアップウィンドウが出ます。2つ目の”Synchronize Now”をタップします。
2013-01-02 01.24.18.png

するとxmarksのアカウントとパスワードを聞かれます。メールアドレスとパスワードを入力して、左下の”Longin”ボタンをタップします。
2013-01-02 01.24.48.png

ログインしたら、またこのポップアップに戻るので、”Setting”をタップします。
2013-01-02 01.25.42.png

こんなウィンドウが出ます。自動で同期されるように”Auto sync”にチェックを入れて、真ん中の灰色のボタンをクリックします。
2013-01-02 01.47.20.png

2013-01-02 01.47.32.png

設定変更なのでパスワードを聞かれます。入力して左下の”Confirm”をタップします。
2013-01-02 01.47.42.png

これで設定は終わりです。同期されたか、Dolphinのブックマークを見てみます。見事に同期されています。

複数のブラウザ同士で同期が取れるので便利です。

※IEは実機がないので説明は後日となりますが、IEのプラグイン機能でxmarksを検索してインストールすればおそらく簡単にできるのではないでしょうか。

以上です。



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。