Kindle Fire HDを買ったら最初に買うもの

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のKindle Fireファンのみなさんこんにちは。
このサイトはKindle Fireを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

2012/12/30 追記:タイトルを変えて、再編集しております。

さて、日本でのKindle Fire HD発売前ですが、端末を買ったら必要となる周辺機器で、激安で買えるものや便利なものをご紹介します。

よろしければブラウザからブックマークをお願いします。
さらに、下記のはてなブックマークをお使いの方もよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

firenavi公式ツイッターもよろしければフォローください・・
Twitterボタン

※本体はとりあえずこちらで購入ください。
※記事作成時から価格が変動する可能性もありますのでご了承ください。

 

(1)USB充電ポート(4つ口)

Kindle Fire HDでは下図(左)のようなコンセントUSBポートが別売りになってます。これを買わないとパソコンなどのUSB端子につながないと充電できません。とりあえず日本版のKFHDを注文したときは保険として買う予定ですが、コンセントが足りなくなってしまう、、ということで口が複数ある充電器を探していました。そこで見つけたのが4つ口のこいつ(右)です。4つあるからiphoneとかガラケーとか、他の機器でも使えてとっても便利です。そして純正より4倍口がついてもまだ安い!同じようなものを量販店で探すと2千円超えてました、、しかも2つ口で、、。

(2)USB充電/データ通信ケーブル
Kindle Fire HDはUSB端子からの充電となっています。しかし純正でついてくるケーブルは無骨な普通のケーブル。コンパクトに持ち運ぶ際に使えるものを探していました。そこで見つけたのがこれです。もともとXperia用のようですが、普通に充電ができております。普通につかえるのに安いというのがいいですね。

 (3)HDMIケーブル
Kindle Fire HDは標準でHDMIケーブルがついております。動画や写真、ゲーム画面などをみんなで見たい場合とかありますよね。そんなときにはこちらのケーブルがお勧めです。TVとHDMI端子でつなげれば、Kindle Fire HDの画面がそのまま出ます。
Kindle Fire HDのmicro HDMI端子と通常のHDMIの端子がついています。家のREGZAで使ってみましたが、快適です。これでゲームをやってみると画面が綺麗で驚きます(元の画像がHD画質の場合に限りますが、、)
この商品の特長は、なんといっても安い!通常の店舗でこんな値段で売っていないと思います。

(4)Kindle Fire HDのカバー
裸で使ってもいいのですが、真っ黒であまりかわいくありません(そういえばカラーバリエーションが無いですね)。ということでカバーを買いましょう。

純正品のカバー兼スタンドです。カラーバリエーションがオニックスブラック、サドルブラウン、ハニー、マゼンダ、ミッドナイトブルー、柿色、青紫と充実しています。でも結構なお値段ですね、、。

こちらは私が気になっているやつです。7色バリエーションあります。

スタンドが無いタイプです。安い上にデザインがシンプル。2chでも話題になっていました。

(5)液晶保護シート
傷防止、汚れた時でも掃除しやすいなどの利点があるのでシートを張っておきたいところですね。正直どれが良いのかはわかりませんが、予算に見合ったものを購入するのが良いと思います。
 

(6)気になるアクセサリ、周辺機器
ここからは必須ではないけど気になるものを紹介します。

【minisuit】Amazon Amazon Fire HD 7″ ワイヤレス キーボード付き スタンド 【ケース】
 Bluetooth使用 手帳型 ブラックカバー兼、Bluetoothキーボードです。今なら安いです。気になります。キーボードあったら便利だろうし、カバー付きなので閉じてこのまま持ち歩けます。どなたか買った方の感想を聞きたいです。

充電用モバイルバッテリー
保険として欲しいです。Kindle以外携帯とかでも使えるし、買って損はないですしね。


AirStash (wifi SDカードリーダ)

これは何かというと、SDカードリーダなのですが、そのSDカード内部のデータを、スマホ、タブレットに無線LAN経由で送信できるというものです。よく
デジカメなどのデータをPCやスマホに転送する際にSDカードリーダの無いiphoneなどで困るという話を聞きますが、これがあれば無線LANでつなげ
てSDカードの中身をやり取りできるという便利グッズです。このAirStashとKindle Fire
HD間でデータやり取りができるので、64GBなどのカードをこれに入れておけば外部ストレージとして大変便利です。動画とか入れて置けるし、カードを複
数枚もっていればいろんな状況に対応できます。詳しくはアマゾンでの紹介、カスタマーレビューが参考になります。

データ通信サービス
kindle Fire HDは単体ではインターネットに接続できません。また、公衆無線LANスポット(携帯キャリアが提供しているもの)もつかえません(使い方知っている方がいらっしゃったらぜひコメントください!)

なので、自宅の無線LANなどがない外の環境で使う場合
(1)携帯のテザリング機能で、容量制限を気にしながら使う
(2)Kindle Fire HD用に何かしらモバイル通信回線を契約する
のいずれかの必要があります。
ドコモ、au、ソフトバンクでLTE回線でのテザリングが開始されているのでそれを使えば良いと思っていたのですが、通信容量の制限が怖いですよね。各社月間で7GBを超えると急激に通信速度が128Kbpsに落とされるようです。128Kbpsって、、。(イー・モバイルは月間制限ではなく1日あたりの制限で少し違う)。そこで今こそWiMaxを使うべきです。auの新規発売の携帯ではWiMaxサポートがなくなりLTEサポートに切り替わるなど、親会社のKDDIもLTE推しとなってしまいました。LTEの影に隠れて、WiMaxはこれれから利用者が減ってガラガラになるはずです。

通信料はだいたいどこの業者も2年しばりで月3900円前後ですね。劇的に安いというわけでもなく、高くもなく。エリアもだいぶ広がっておりますが、テザリングが使える携帯でフォローすればなんとかなりそうな気もします。

ここから下は宣伝、アフィリエイトです。google検索での広告でもよく出てくるブロードWimaxさんの広告です。よろしければぜひ。下の広告では2,990円となってますけど、このプランでは初期費用が2万円かかります。初期費用0円の場合は普通の値段の月額3900円くらいなのでご注意ください。

[まとめ]Kindle Fire HDでストアにないアプリのインストール方法まとめ
[まとめ]Kindle Fire HDを買ったら最初に絶対入れるべきアプリ 
[まとめ]Kindle Fire HDを買ったら最初にすること

以上です。



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。