海外版の端末でもamazon.co.jpアカウントが使えるようになっています

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のKindle Fireファンのみなさんこんにちは。
このサイトはKindle Fireを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

※この記事は海外版のKindle Fire HDを使っている人以外はほぼ関係ない記事です。

もしかして知っている人は多いのかもしれませんが、海外版のKindle Fire HDでどうしてもできなかった、amazon.co.jpのアカウントで日本用のサービスを利用する、ということで今現在(2012/12/24)できるようになっています。

登録するアカウントをamazon.comのものからamazon.co.jpのものに切り替えると、通常の日本版のKindleと同じサービスが受けられるようです。実際に日本版のアプリストアへアクセス可能で、無料版のアプリのダウンロードをインストールができました。

一つのamazon.co.jpアカウントで2台のKindleに登録すると下図のように「○○さんの2台目のKindle」というように表示されます(これの名称を変える方法は画面左上の○○さんのKindleを変える方法 を参照ください)

挙動としては
(1)Root化していたばあいはそのままRoot権限が残っている[2012/12/24訂正]Root権限なくなっていました。Superユーザのアイコンはあるものの、GooglePlayなど全て削除されていました。おそらく自動アップデートでアマゾンが排除したいものは消すみたいです。ただ、GooglePlayからインストールされたものは残っていました。
(2)クラウド側にアカウントで購入したアプリや本、読書経過情報が同期されている
(3)当たり前だがapkファイルから入れた野良アプリは同期されていない
という感じです。待受画面に出る広告がまだ日本版に間に合っていないのか、ずっとこうなのかわかりませんが、海外のもののままです。

Kindleを2台持ちにして考えられることは、オフィスに一台、家に一台置いてクラウドで同期させればどちらでも同じ環境、同じデータで使うということが可能だなと思いました。もう少し進めて、親のKindle端末で子供に与えたKindle端末の状態を常に監視、とか可能だと思います(そのために端末を購入するのももったいないのでリモートで操作するなどのアプリがあればいいとは思いますが)

以上。



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。