ESファイルエクスプローラ(ファイルの確認、移動、削除、名称変更)

このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。

amzcmp

日本のKindle Fireファンのみなさんこんにちは。
このサイトはKindle Fireを楽しく使うための情報をいっぱい載せようと思います。

この記事は大変古いです。
2017/4/14 追記
Fire HD8(2016年モデル)向けの記事を書きました。下記を参照ください。
FireHD8のTips 「PCからFireHD8の中のデータにアクセスする」

2013/11/28 追記
Kindle Fire HDX / 2013年版のKindle Fire HD用の記事を書きました。HDXの場合は下記を参照ください。
Kindle Fire HDXにESファイルエクスプローラをインストール

Kindle Fire HD(以下KFHD)内には通常のPCと同じようにフォルダ構成で様々なデータを持っています。例えばダウンロードしたデータはDownloadフォルダに保存されていたりします。しかし標準ではそれらのファイルを直接操作(移動や削除、ファイル名変更)などができるアプリが入っていません(OfficeSuiteというアプリが標準でついていますが、特定のファイル形式以外のファイルは表示されないのであまり使えない)

なので別途アプリをインストールしてそれを用いて行うことになります。
(PCとUSBで接続できる場合はPCから操作する方法もあります。詳しくはこちらのKindle Fire HD内のデータをパソコンから簡単に操作するを御覧ください)
KFHD単体で操作する場合は下記のアプリを利用します。

(1)アプリストアからESファイルエクスプローラを検索して出す
Kindle Fire HDの「アプリ」をタップし、検索で “ES File Explorer”を探します。”ES File Explorer”と”ES File Explorer fo CupCake”がありますが、Cupcakeじゃない方を選択して、インストールします。

起動すると下記のような画面になります。
画面の上部には現在のパスが表示されています(基本的にユーザが操作できる範囲のフォルダは”/sdcard/”というフォルダ以下になるようです。Root権限を持っていれば、他のファイラーアプリを使ってsystemに関わるファイルも操作できますが、この記事では触れません)

フォルダのアイコンをタップするとそのフォルダに移動が可能です。
“Download”のアイコンをタップすると下図のように表示されます。

このブラックジャックによろしくのPDFファイルを操作したいと思います。このファイルのアイコンを長タップします。すると下図のような選択肢が表示されます。
わかりにくいもののみ操作方法の説明をいたします。

●ファイルを開く
オペレーション→”開く”とすると下図のようにファイルの種類を聞いてきます。
今回はPDFなので選択できないのですが、適当にテキストをタップします。

するとテキストファイルを開けるアプリが自動的に表示されますのでアプリを選んで開くことができます。

●名前を変更する
オペレーション→”名前を変更する”とすると下図のように変更後の名前を入力する欄がでてきます。ここで新しいファイル名を入力してOKをタップすれ変更されます。

下図のように変更できました。

●・・に移します
オペレーション→”・・に移します”とすると下図のように移動先のフォルダが表示されますのでタップで選択します。

●・・にコピーします
オペレーション→”・・にコピーします”とすると下図のようにコピー先のフォルダが表示されますのでタップで選択します。

●圧縮
オペレーション→”圧縮”とすると下図のように圧縮のためのパラメータ入力ウィンドウが表示されますので必要事項を入力してOKをタップして実行してください。



このサイトをSNS拡散していただけると、他の誰かが助かります。よろしくお願いいたします。